再び青空文庫で!

bunko.jpg
青空文庫の作者欄を見ていて、懐かしい名前に会いました
オーヘンリー 戦後間もない昭和21年私は16歳女学校の3年生。
幸い学校は戦災に遭いませんでしたが、図書室の本は貧弱なほど
少ないときです。自分から申し出て図書部員となり、本の貸出など
をしながら、夢中で読書、卒業するまでに全部読み終えました。
我が家ではほとんど床に伏した状態の兄のために両親は本を
買っていましたが、他の5人の弟妹は本は教科書だけの存在です
それに教科書以外の本を読んでいると、勉強か家事の手伝いを
言われるので、学校での読書しかできませんでした。
そこで心に残ったのが、オーヘンリーの賢者の贈り物です
貧しい若い夫婦がクリスマスの贈り物にお互いの一番大切なものを
お金に換えて相手にプレゼントの品物を贈る、有名なお話!
何処を見渡しても貧乏だった時代、胸に切なく残りました
今の贅沢に慣れた世の中では、そんなに感じることはないのでしょうね。
今あのころを懐かしみながら、再度よみました。次に読んだのが
最後の1枚の葉!これも涙を流しながらの読書でした。
何もない時代だったけれど、少女の感情は豊かな時代
今青空文庫で1番読まれているのが、夏目漱石のこころ、次が
小林多喜二の蟹工船だそうです。ひと時プロレタリア文学に
傾倒した時代もありました。夏目漱石も何度再読したことでしょう。
楽しみは本と映画とラジオの時代、心は豊かな時代でした。
出かけることがないので、写真も書くこともありませんので
読書感を書きました。
今読んでいるのは池内紀氏の”ひとつとなりの山”
ひとつとなりの山がいい、人気のある山、よく知られた山の
ひとつとなり、日本百名山などに入っていない小山
池内さんの本もよくよみますね。
20:34 | 未分類 | comments (0) | trackback (-) | page top↑

青空文庫

先日の新聞に青空文庫のことが書いてあり、早速検索して
みました。嬉し~~い。沢山の作家の文章が読めます
縦字で読みやすいですね。
買わないけれど読みたい本ってありますよね。
当分はまりそうです。今日のような良いお天気でも、カメラ散歩に
行けない時はこの青空文庫で遊びましょう。
ヤッパ!パソコンができるって便利です。
小さいノートパソコンでは疲れるけれど、今回大きい画面の
デスクトップにしてよかった。少し字を大きくすると、結構の量が
疲れずに読めます。でもこれからアイロンかけが溜まっているので
それを終わらせてからでないと、また溜まります。
仕方ないこれで一応PCは閉じましょう
13:12 | 未分類 | comments (1) | trackback (-) | page top↑

箱根オフ会

hakone1.jpg
   霧雨に煙る芦ノ湖
hakone2.jpg
   大涌谷の雪
hakone3.jpg
   芦ノ湖で乗った海賊船の特別室
hakone4.jpg
   宮ノ下の富士屋ホテル

前日からの天気予報は雨、一人旅だと行かないけれど、グループ旅行なので
出かけました。やはり霧雨がふり、凄く寒い。
バスで芦ノ湖に近づくと道に雪が積もっています。雪を望んでいたので、皆で
歓声をあげる、天気が悪いのでバスの乗客もガラガラ状態で快適。
芦ノ湖での乗船に特別室を奮発、特別室の乗客は私たちのグループだけ。
貸切です。船上から眺める風景は薄い幕がかかったような幻想的眺めです。
でもこれを写真に撮るのは難しいですねー 今回はカメラの先生、PCの先生と
ご一緒なので、教えていただきながらの撮影ですが、私は新しいカメラなので、
オート一筋。。。その為に今までのようなひどい失敗作にはなりませんでした。
ロープウエイで大涌谷へ、真冬です。雪混じりの霧雨と時折吹く風に、
時々シャーッターが下りなくなり、身体で温めながらの撮影です。紅葉時に
ここからの富士山の眺めは素晴らしいの一言なれど、今日は姿は見えません
短時間で切り上げて、行く先は一流のホテルでの昼食、でも私の姿はホテルに
似合わない、雪に汚れたスポーツシューズ、分厚い半コート、毛糸の帽子
ホテルの食事は判っていたのに、そこまで気が廻りかね、身のすくむ思いです
でもお仲間の中に隠れてちょっとだけ救われる。
冨士屋ホテルの近くに有名なパン屋さんがあるとかで、探して見つけて
みなさんはお買いもの、私荷物を持ちたくないので、買わずに外で待つ。
どんな環境でもグループ旅行だと、話の花が咲き楽しいですね~
一人旅とは違った楽しい旅行が出来て、満足な一日でした
今日は足のふくらはぎがパンパンになり、階段は手すりにすがっての
上下です。今日の食事作りは簡単に。。。!

16:54 | 未分類 | comments (7) | trackback (-) | page top↑

吉良邸

009.jpg

ネズミ小僧のお墓、お墓の前にもう一つ石があり、それを削ってくださいと
立て札があり、女子高生が真剣に削っていました。受験に効くおまじない
でしょうか?
021.jpg

吉良邸の前です。なんでもない日なのに、結構見学者がいました。
泉岳寺と同じなのでしょうね。
023.jpg
首洗い井戸です。昔の処刑場を見学すると、必ず首洗い場があります。
首を洗う人の気持ちってどうなのかしら?どうせ賎民といわれる立場の
人たちが使われるのでしょうが。
049.jpg
吉良邸の近くの清澄公園に立ち寄りました。031.jpg
悲しい話題のあった時津風部屋の前を通りました。

吉良邸の近くに住んでいらっしゃるメル友さんを呼び出して、案内を
していただきました。どうしても小さいカメラが欲しくてコンパクトデジカメを
強引に買っちゃいました。。。
それの練習に今日出かけました。メル友さんにそれでカメラ何台目と
聞かれて7台と言いましたが、家に帰って調べたら、PCを買ってから
8台目でした。最初は30万画素カメラ、まだデジカメの流行っていない
時期で得意満面でしたね。
PCを始めてから7年、私のお小遣いはパソコンとソフト類、カメラで消耗し
洋服、アクセサリー等全然買う余禄なしです。そのうち袖口、裾のつづれ錦に
なっても着ているのでは?でもこの不景気に貢献しているぞー議員さん!
なんて言い訳がましい。 もうこれで打ち止め。ときつく自分に言い聞かせて
おります。(ここは小さい声で)病気になったらどうするの?不安もよぎりますが
普段は気が小さいくせに、欲しいものがでると、理性が利かなくなり暴走します

今年の第一目標 貯金!



20:34 | 未分類 | comments (8) | trackback (-) | page top↑

PCの勉強で。。。

001.jpg

月2回のPCの勉強に京王線の駒場まで通っています。朝早く出かけるので
食事をしないで出かけます。渋谷の駅で今風に言うとカフエ、できたての
パンに紅茶で、今日は珍しくコーヒーにしましたが、好きな曲を聴きながら
のんびりと頂くのが楽しみのひとつです。
私の隣にいらした方がお見受けするところ同年齢位、おみ足が不自由
らしく杖をつきながら、会釈して座られる。若い人ですと、挨拶抜き
ですが、老齢になるとね。それだけで親しみが湧きます。
でもお話はしませんが、立ち去るときはお先にと挨拶をして。
田舎町に住んでいると、こんな事もとても幸せに思えるのです。
都会ッ子の私は、悪評の東京でも大好き。
010a.jpg
京王線の改札に行く途中に岡本太郎の大きな絵が掛けられました。
これから月2回眺められるのが嬉しいですねー

PCの勉強と書くと聞こえはいいですが、私はPCを介しての
おしゃべりが楽しみで、(先生には申し訳ないこと)それにお昼には
東大の学食でお食事するのが、もう一つの楽しみなんです。
今日は行きませんでした。
若いときにK大に勤めていたときには学食で何時も学生と
団欒しながら頂きましたが、そのころと今とでは天と地の違い。
いつ頃から学生服を着なくなったのでしょうね。今の学生さんは
服装を眺めるだけでも楽しいです。
食事の種類も違います。当時はまだお米が配給制度、どんなものを
食べていたのか、思い出せません。今は種類も豊富でお値段が
凄くお安い。それにおいしいのです。

でも昔の方が学内の雰囲気はアカデミックな感じがしたような。。。
東大駒場には5寮あり、学生交換会で何度か訪れました。
汚いけれど、落書きが面白かったですねー。
19:28 | 未分類 | comments (6) | trackback (-) | page top↑

私のカメラ散歩場所

今年初めてのカメラ散歩いろいろ考えて簡単に行けて花は無くても楽しめる
場所と東御苑に決めて行って来ましたが、まだ早すぎましたね。
021.jpg
昨年ここでカワセミ会いました。カメラを構える前に飛んでいってしまい悔しかったです
柳の下の2匹目のドジョウを求めてしばらくカメラを構えて待っていたのですが、振られました。
飛んでいるのはカラスと雀だけでした。
031.jpg
何の鳥の巣でしょうか?大きいからカラスかもね。
038.jpg
梅のツボミが大きくふくらんでいました。今月末には観梅ができるかも。。。
063.jpg
枯れかけた薔薇の木の隣においしそうな赤い実、不明です
050.jpg
冬桜は数本美しく咲いていました。

あまり写真の材料がないので日比谷公園のほうに回ってみようかと大手門の
交差点で考えました。御苑に行く前に丸善の前を通ったら本のバーゲンを
していました。それを思い出してどちらにしようかと、お堀の白鳥を撮りながら
考えて、丸善に決めて、本屋に入りましたが、バーゲンでも買いたいと思う
本が無く、喫茶店なんて書くと笑われる、カフエに入って、アイスクリームを
舐めて獲物少なく帰りました。


19:21 | 未分類 | comments (2) | trackback (-) | page top↑

正月ボケ?

祝椿
珍しくお正月4日間家の中の生活でした。昨年は1日からカメラ担いで
出かけていたのにねー 1年で歳の重みが負担になったのかしら。
お出かけがないので、写真も無しで、オートシェープの絵を載せました。
お汁粉でも作って食べようかしら、わざわざ作るのも面倒!とここまで
気力が欠けるとは、情けない。
パソコンをしながら見る空は素晴らしいお天気。ちょっぴり出かけたい
気分がでてきたような。
出かける場所は何処にしようかな?植物園は今咲いてる花があるのかな。
銀座は?有名な公園は?何処も魅力無し。。。やっぱ家でPC遊び。
と考えが落ち着きました。

このお正月は家にいたので、本はだいぶ読めました。今河合隼雄の
ココロの止まり木読んでいます。この方の本は気力のないときに
読むとホットします。

最近目にした詩、谷川俊太郎
私達は知りたがる動物だ。たとえ理由は何ひとつなくても
何の役に立たなくても、知りたがりどこまでも闇を手探りし
問い続け、かすかな光へと歩む道の疲れを喜びに変える

老人は五感のもたらす喜怒哀楽に学んできた
際限のない言葉の列に学んできた
変幻する万象に学んできた。
そしていま自分の無知に学んでいる
世界とおのが心の限りない広さ、深さを。

豊かな感受性を何時までも持ち続けたいとこの詩を読んで
思いました。姿は干涸らびていても、心の水は満水でありたいと。

13:55 | 未分類 | comments (6) | trackback (-) | page top↑