水戸偕楽園

2011-2-16mito3.jpg
梅は3分咲き程度 梅の木の種類が多いので、満開の梅もありました。
2011-2-16mito1.jpg
好文亭 徳川斉昭公が建てられた、千波湖を含む眺望の素晴らしさと、多くの部屋の造りも素晴らしい。
2011-2-16mito8.jpg
部屋の襖絵が四季それぞれ描かれている。これは桜の間
2011-2-16mito2.jpg
好文亭からの眺め。
2011-2-16mito14.jpg
千波湖 水鳥が沢山いました

16日にお天気が良いので、水戸の偕楽園まで一人旅。
上野からの特急で1時間10分、昔(60年前)友人達と
行った時は夜行列車で早朝に水戸に着き、終列車で
帰るほど、時間がかかりました。
千波湖から、大洗海岸まで自転車を飛ばした、若さを
思いだしながら、人出の少ない偕楽園をのんびりと楽しみました
梅は三分咲き程度で寂しい観梅でしたが、そのぶん人が少ない
ので、良かったかなとも思っています。
好文亭の中は素晴らしい造りでした。
襖絵、眺望、部屋の造り、どれも素晴らしいです。
梅をみなくても、好文亭だけでも充分満足できますね。
千波湖には水鳥が沢山優雅に浮かんでいました。
帰りの特急は水戸から上野までノンストップでした。
14:24 | 未分類 | comments (9) | trackback (-) | page top↑

愛さま 映画

2-2a.jpg

2-2b.jpg

2-2c.jpg

敬愛する広島の愛さまのブログに私の事が書かれていてとても嬉しく
拝見しました。91歳のお歳で一人でお暮らしになっている素敵な
お姉さま、80歳でPCを独学でフラッシュまで作られた愛さま
洋裁店を開くキャリアウーマンでもいらっしゃる。
99歳の柴田トヨさんの”くじけないで”を読みながら、愛さまを
思い浮かべていました。アドレス紛失でお便りもできずに、ブログを
拝見して、一喜一憂しています。

昨日久し振りに銀座へ出て映画を見てきました。
韓国映画の ハーモニー 実話から生まれた女子刑務所合唱団の物語
テレビでお馴染の女優さんに親しみを持って観ました。
中国、韓国、日本、女性の地位は上がったようで、司法の世界だけでは
権利、義務は平等化しているけれど、実際の社会では、まだまだ男社会
今の就職難時代でも、女性に特にしわ寄せがあるのよね。

帰りにまた八重洲ブックセンターで本3冊のお買い物でルンルン気分
自分で大枚はたいて買うと、ちゃんと読破します。
小説類は買いません。紀行文、随筆類です。随筆は作者の人柄、思考が
判り、好きですね~~。

読書もOKと先生からのお許しで、解禁、でもPCはまだ長く見ていると
目が痛むので、全面解禁はまだ先延ばしです。
09:25 | 未分類 | comments (7) | trackback (-) | page top↑