千鳥ヶ淵の桜

tidori2.jpg
靖国神社
早くに出かけましたので、割と空いていましたが、神社の周りは
人が絶えることなく参拝しているので、写真は撮り難くかったです。
中国の団体さんがお参りしていました。問題になっているので、
参拝するのか、眺めていましたが、きちんと参拝していました。
国対国の問題とは違いますね。ホットしました。
日本の人も他国に行く時は、きっと礼節は守っている事でしょう。

tidori.jpg
昨年は歩くのも大変な混雑でしたが、今日はゆっくりと歩けて、写真も
沢山撮れました。でも相変わらず下手!
今日も歩きましたねー 九段下から半蔵門にでて、滝廉太郎居室跡も眺めて
大手門へは電車、桜の季節は月曜日でも東御苑は開いているかと思って
行ってみましたが、無駄足でした、がっくり疲れが出ましたね。
満開の桜で大満足の一日でした。
桜の季節は忙しい。
16:46 | 未分類 | comments (0) | trackback (-) | page top↑

東京散歩4

toua.jpg
小さいけれど、格式の高い神社、菊のご紋が付いています。伊勢神宮の東京遙拝殿

toub.jpg
着いて先ずびっくりしたのは若い人で、狭い敷地がいっぱいです
縁結びで有名だそうで、願掛けのお札を書く場所が混雑しています

touc.jpg
夏にはホタルも見られるそうです。

toud.jpg
おみくじを買って中身を見たい気がしたのですが、恥ずかしくて諦めました。

toue.jpg
ご親切に英文のおみくじ、血液型のおみくじ、その他色々。

touf.jpg
素敵な人を思い浮かべて、お札に願い事を書くなんて、そんな
歳が羨ましい~~!ワネ。

来週は桜見物になるかしらね。すいていて美しい桜を堪能できる
場所がないかしら?
13:31 | 未分類 | comments (0) | trackback (-) | page top↑

東京散歩3

you1.jpg
洋風庭園、最初の住人は加藤清正の邸宅敷地

この洋風庭園の高台から皇居のお堀の桜が眺められますが
桜の時期は混むことでしょうね。今は散歩する人も少なく
幼児を連れたママ友さんたちが、楽しげにお弁当を食べていました
乳母車で来ているので、近くにお住まいなのでしょうね。
羨ましい。
you2.jpg

政治の中心地、高層ビルの林立のなかに、瀟洒な戸建て住宅を見て
こんな高級地に住んでいる人はなんのお商売しているのかしら?
代々続くお金持ちかな?
高層マンションの最上階に一年住んで、四季の風情を眺めてみたい。
賃貸料はいくらかな?さもしい計算をして、我が家の財産を思い浮かべて
。。。。。楽しい妄想に耽りながら歩きました。

yukari.jpg
ユーカリの木
sakura1.jpg

寒緋桜

sakura2.jpg
カンザクラ

sakura3.jpg
安行桜


この後飯田橋駅近くの東京大神宮へ行くのですが、少々歩き疲れなので
タクシーを使いました。

13:17 | 未分類 | comments (0) | trackback (-) | page top↑

東京散歩2

saka1.jpg
日枝神社から議事堂までブラブラ歩き。山王坂は広くてゆったりとした坂
車道が茶色で美しい。両脇が衆議員会館で特別警戒日とかで物々し警護の
警察官、そんな姿にカメラを向けたら、戦前はそれだけで逮捕よね。
写真を撮ってもいいですか?とイケメン警察官にお尋ねしたら、どうぞ、どうぞ。
良き時代です。   憲法護ろうね。

saka2.jpg
こんな自転車が2台通りました。この辺はこの方が早いです。

saka3.jpg
昨年はこのバスで桜見物しました、桜の名所で素晴らしい風景が見られました

25-5.jpg
議事堂前の和風庭園入った処から見た議事堂です

25-6.jpg
小さい公園ですが、小さい池が2か所、花木は余り無く常緑樹が多く
静かな公園です。ここの東屋で持参のお弁当を食べながら小休止。
隣のベンチでは就活の最中らしき、黒の服を着た若者が数人静かに
池を眺めていました。
この池の鯉は元気で、水しぶきをたてながら、水の上をジャンプ
しています。

25-8.jpg

25-9.jpg
池の中の岩につがいらしき鴨?がお休み中。

道路隔てた反対側の洋風庭園に向かいますが、又写真を整理しましたら
見てください。
14:08 | 未分類 | comments (4) | trackback (-) | page top↑

東京散歩1

東京でも名前を知っていても行ったことのない場所を求めて
行ってみることにして、先ず1回目は日枝神社から国会前の和風庭園、洋風庭園
東京大神宮を歩いてみることにしました。

銀座線の溜池山王駅下車、政治の中心地永田町が近いからか、駅の
立派なこと、エスカレーターもゆったりと3人乗り位と幅が広い。
駅隣の小高い丘の上に日枝神社がありました。3連続きの長い
エスカレータを乗り継ぎ美しい山門を抜けると、華麗な本堂が
あります。京都の平安神宮を小型にしたような、美しい建物です。
駅からですとエスカレータで登れますが、下の道路からですと
結構階段数がありますねー 男坂との道標が出ています。

白無垢姿の花嫁さんを見かけました。これから結婚か。。。
お幸せに、と眺めつつ。 若いってすばらしい!なんて歌の文句が
ありましたね。

83-60=23 もう半世紀以上も経つのかーと、光陰矢のごとし。
4×8=32 これ以上あるもんね、うふふ

日枝神社から長い山王坂を越えて衆議員会館の横を通って議事堂の
前の和風庭園に向いましたが、それは又整理ができましたら
ブログに書きます。国会が開会されている所為か、警察車の行列
皇宮警察も、国会近辺を警護している警察官も、垢ぬけした人が
多いと感じるのは、私だけかしらね。
山王坂って綺麗な坂ですね。

25-1.jpg
階段下から見た山門です。

25-1a.jpg
本殿前庭

25-2.jpg
煌びやかな本殿

25-3.jpg
山王稲荷

25-3-a.jpg
山王稲荷へいく道

25-3-b.jpg
この境内は入れず横の金網越しから撮りました。日枝神社でも、東京大神宮でも
横に稲荷神社があるのには訳があるのでしょうか?

25-4.jpg
消費税の関係で3月までの結婚式が多いとか。
21:17 | 未分類 | comments (0) | trackback (-) | page top↑

柴又から矢切りの渡しへ

3-19a.jpg
  帝釈天

3-19b.jpg
  三車火宅の図
帝釈天のお寺は彫刻が素晴らしいですね。以前に出かけた時はカメラを持って行かなかった
ので、今度はカメラ持参で撮ってきました。
この彫刻は三車火宅の図。 三車とは羊、鹿、牛がひく三種の車の事 
燃える家の中から子供を救出するため父親が三つの車を用意した

3-19c.jpg
参道 時間が早かった所為かシャッターの下りているお店が多かった。

3-19d.jpg
矢切りの渡し、江戸川べりが広い柴又公園になっていて、景色が良い。
船は反対側の岸に繋がれていました。
近くには寅さんの記念館、山本邸のお庭公開があり、寅さんは素通りして
山本邸でお庭を拝見しながらお抹茶を頂きました。
明日からは又お天気が悪くなるとの予報に、カメラをリュックに
詰め込んで、ちょっとリュックが重いので、背中を気にしながらの
お出かけです。
今朝の新聞の本の広告の文のなかに、動きたいと思った時は、すぐに動け
さもないとボケル。。。なんて書いてあったので、すぐに実行よ。
仕事ではこんなにすぐには実行しないけどね。
16:39 | 未分類 | comments (8) | trackback (-) | page top↑

銀座でお買い物!ルンルン

消費税対策のため?名目はそのつど考えてね。
靴を買いに銀座のよしのやへ。此処は21.5の小さい靴でも
種類多くあるので、愛用しています。
若いころ、会社に靴屋さんが月1度の割で来ていて、個人の靴を
作ってくれていました。靴を作るのが楽しみで、よく作り、休日には
庭に広げて鼻歌まじりで、手入れをしていると、父がそれを見て
お前の足はタコ足かと、飽きれていました。
結婚後はそんな贅沢は許されず、靴に足を合せる生活に。それでも
服を新調するよりも、新しい靴を履くのに歓びを感じます。
イメルダ婦人の気持ちも判りますね~~
靴を入れた袋を手に、銀ブラをして、泰明小の前から、帝国ホテルの中を
通り、そこでお茶をと思いましたが、お昼時で混雑しているので、素通り
写真だけ撮りましたが、いずれもピンボケ。
日比谷公園で一服、帰りました。
日比谷公園を出た所で、黄色の車体の新幹線を初めてみました。
青空の下、真っ黄色の車体映えますねー。 素敵、就学旅行の特別列車
かしら?と思いつつ、家に帰って調べましたら、ドクターイエローと云って
線路のゆがみや、架線の状態を調べる車体で、月に2,3回走るそうです
ラッキー 外出すると珍しいものや初めての経験をすることに出会い出来る
ので楽しいですね。
ボケ防止と、これも名目で、精々お出かけしましょうと、思っています220px-923_shinkansen_T5_20080728[1]
  黄色の新幹線

ガード下
 有楽町のガード下

泰明小1
 泰明小の門脇 銀座の柳と島崎藤村の碑

久し振りの温かい銀ブラ日和でした。
12:27 | 未分類 | comments (8) | trackback (-) | page top↑

花の季節となりましたね

2014-3-9a.jpg

2014-3-9b.jpg

梅、木蓮など大きな木を取り去ってしまった、寂しい庭にもやっと春が
巡ってきました。梅の木がなくなって、メジロもスズメも来なくなりました。

残った小さい木も雪の重みで枝がだいぶ痛んでいます。

デパートの本屋を買う気はなくぶらついていて、本の題名に惹かれて2冊買いました。
幸せノートの作り方、と 文字の食卓。
今私は5年日記と思いつきノートの2冊を作っています。日記はもう数十年続いています
これは誰にも見せない日記帳、自分の病気のこと、これは書いておくと、後で同じ病気に
なった時の参考になり、これで病院通いはしないですみます。
それと心が傷ついたこと、家庭の不満、これは書くことが多いです。うふふ。
嬉しかったことなど、その日の感情をさらけ出しているので、10年経つと処分して
いつも手元には10年分の日記帳があります。これも自分の身体が怪しくなったら
処分してその後は書くのをやめようと考えてはいますが、果してやめ時が
判るかしらね。飛ぶ鳥後を濁さず!とうまくいけばいいけれど。。。
思いつきノートこれは新聞記事、本から得た知識、心に響く文章等々、時々取り出しては
読んでいます。
幸せノートの作り方のなかで、書かれている言葉
ノートがあればひとり時間がもっと楽しくなる
ノートは贅沢なノートを買いましょう、開くのがたのしくなるように。
でも私は普通の大学ノート(分厚いノート)長く持つので丈夫なノートです

文字の食卓
今迄考えた事がありませんでした。 この本によると、文章は使われた文字の
種類によって感じ方が違ってくる。メールを書くときは、私はいつも明朝に
していますが、パソコンでメールするときに初めて、文字の種類には多種
あるのだということをしりましたね。でも本を読むときは、印刷された本は
みな同じとおもっていましたが、写植やさんは文章の中身で使用する文字を
選定するとのこと、幾つになっても知らない事の多いこと、これだから
生きているのも面白いのかな?

今週の木曜日は読書会、今回の本の厚さが3センチはある大作小説、
小説の苦手な私には、ちょっと荷が重い、まだ半分しか進んでいない
今回はみなさんの感想だけを聞くことにしようかしら。。。
14:53 | 未分類 | comments (4) | trackback (-) | page top↑