都内路線バスの旅

朝起きたらどうも体調がよくありません、枕元には翌日出かけるつもりで
大きい鞄にカメラなど詰めてあります。それを眺めながらどうしようかなー

若い女性の雑誌記者二人が書いた 東京路線バスの旅 3年ほど前に買って
あった本で、いつかは実行したいと考えていました。
目黒から二子玉川ゆきの路線バス、思い出深い街々を通るので、乗って
みたいと、栞を挟んでいました。

出かけました!目的地は五島美術館。20年ほど前に親友と出かけた
場所です。 その友はすでに彼岸の国へ旅たっています。

上野毛駅から徒歩10分ぐらいでしょうか。高級住宅地です。
どんな風にしてお金を貯めたのかなーと、いやしい考えをしながら
歩く私です。

展示物は古文の書です。書は判らず苦手なのですが、美しい筆跡を
眺めて、こんなに美しい文字で恋文が書けたら、パソコンなんか
していないね。。。

5月の連休には源氏物語絵巻です。これは見ています。素晴らしいです
その素晴らしい絵をもっと見たくて、日帰りで名古屋の徳川美術館へ
行きました。60代は若いです。今は再度見たいと思うだけで、実行
出来ません。

美術館のお庭が広くて、高低差があり、心地よい散歩ができます
今は、つつじ、ぼたん、藤の花が美しく咲いていました。

そこから玉川へ出ようかなと思ったのですが、体調を考えて
帰りました。東横線が地下にもぐって初めての渋谷駅、歩きました
駅中も足が弱くては、ダメですねー

おばまさまのご来国で、警備の人の多いこと、全国から集めたのでは?
地方は警察官が不在ではないかしら、ドロボーするには。。。冗談です・

昔が懐かしく恋しいお年頃となりました。

4-24a.jpg
五島昇邸

4-24b.jpg

4-24c.jpg
何の木でしょうね 不思議な形です

4-24d.jpg

4-24e.jpg

4-24f.jpg

   クリックで大きくなります
19:17 | 未分類 | comments (6) | trackback (-) | page top↑

佐倉城跡公園

千葉県の花、さくら草の展示会があるとのことで、出かけました
佐倉城跡公園は桜の後、紫陽花、花菖蒲、蓮の花と次々に
咲くので、よくでかけます。 今回は公園のなかにある、
暮らしの植物園で桜草の展示即売会があるので、行ってきました
公園のほうは八重桜、かりん、しゃくなげ、椿、紅白のハナズオウ等
賑やかに咲いていました。
さくら草は新種の八重の花が沢山出品されていましたが、私は
一重のさくら草が好きですね。
写真は新種のさくら草です

sakura1.jpg

sakura2.jpg

sakura4.jpg
歴史博物館前

P4190002.jpg

page1.jpg

page2.jpg
写真はクリックで大きくなります
13:27 | 未分類 | comments (2) | trackback (-) | page top↑

私の庭東御苑

そろそろ御苑のツツジも綺麗に咲いている頃と考えて出かけました
でもちょっと早かったようです。7分咲き程度でした。
来週は満開で見事な風景が見られる事でしょう。
丁度アメリカ大統領がいらっしゃる頃なので、もしかすると
閉園になるかもね。
さくら、シャクナゲ、つばきその他沢山の花が咲いていました。
来週あたり藤の花も咲いていると思いますね。紫と白と、素敵な
藤棚です。今日のニュースで明日あたりから、東京の警護が
厳しくなるような事云っていました。

17a.jpg

17b.jpg

17c.jpg

17d.jpg

17e.jpg

17f.jpg
各クリックで大きくなります
19:07 | 未分類 | comments (2) | trackback (-) | page top↑

音楽会のついでの寄り道

数年振りの音楽会に行ってきました。気管支炎をしてから、緊張すると咳が
出るので、音楽会には行けませんでした。体調がいいので、咳は出ないかもと
思い、出かけてみました。ノドアメとお茶を用意して。 
咳は出ず、生の音楽を堪能してきました。小林研一郎さんの指揮は初めて
です。東京芸術劇場です。開演までに時間があるので、近くの立教大学まで
カメラ散歩もしてきました。一人旅で地方へ行くと、そこの伝統のある
大学には必ず立ち寄ってみます。大学ってアカデミックな趣があり
好きです。立教は都内の敷地故規模は小さいですが、灰田勝彦さんの
歌にある鈴懸けの道を歩きました。
構内の片隅に江戸川乱歩の家があるとのこと、行きましたが、日曜日で
門が閉まっていて、中に入ることができませんでした。
女学生時代、親の目を盗んで、黒とかげなんてわくわくして読んだのを
思いだしながら、門から中をのぞきました。
4-13a.jpg
正門前

4-13b.jpg
鈴懸けの道 歌の詩にあるほどのロマンな風景ではなかったですね。
北大のポプラ並木程度を想定して出かけたので。。。

4-13c.jpg
八重桜がところどころに見事に咲いていました

4-13d.jpg
構内です

4-13e.jpg
江戸川乱歩邸に行く道しるべ

4-13f.jpg
乱歩邸幻影城という書庫はこの建物の裏手にあり、屋根が少しだけ見えました

4-13g.jpg
東京芸術劇場コンサートホール
13:56 | 未分類 | comments (2) | trackback (-) | page top↑

春が来た~~!

何時もの場所、花の美術館へカメラ散歩をしてきました。
カメラを持ったついでに、庭の大事な私の花も撮りました
この時期だけ私の庭もちょっぴり華やぎます、
梅、木蓮、名前不明の花木と取り除いてしまった寂しい
庭も今だけは華やぎを見せてくれますね。
少し手入れをして小さい花を増やそうかなとも思っていますが
思うだけで中々重い腰があがりません。
我が家の花を先にブログに載せます。花の美術館の花は整理してから
載せます。クリックで大きくなります
4-11niwa1.jpg
苗木15センチ位から育てました。今年の雪で半分折れましたが
一応紐でしばっていますが、果して来年までもつでしょうか?

4-11niwa2.jpg
この花も丈夫で結構増えていきます。可愛くて好きな花です

4-11niwa3.jpg
山ぼけ 近くの山が開発で崩されるので、頂いてきました
30年たって大きくなりました。

4-11niwa4.jpg
家を新築した時に盆栽で頂いたのを庭に移して大きくなりました
背丈1メーター位です
お隣さんのお庭には大木で満開になっています。

4-11niwa5.jpg
一本だけ植えたのが、小鳥さんのプレゼントで今6本に増えました。

4-11niwa6.jpg
雑草のように増えていきます

4-11niwa7.jpg
日陰に置き放しなのに毎年咲いてくれます。

4-11niwa8.jpg
肥後すみれ、タチツボすみれ、匂いすみれ等々数種ありますが、
どれがどれだか今は判りません

山草が好きで、色々植えて自慢の庭でしたが、手入れ放棄14年
沢山の小さな花が消えていきました。小さな庭でも真剣に手入れを
しようとすると大変ですねー 怠け者には不向きな趣味と知りました
20:10 | 未分類 | comments (4) | trackback (-) | page top↑

家計簿

経理事務を職業とした所為かどうしても家計簿をつけないと悪いような
気持ちで、日記同様に結婚以来付けてきました。日記と違って時々
ずる休みをしていますが、なんとかズルズルと続いています。
若いころは毎月きちんと集計して、反省の材料としてきましたが、
効果なく財産なんてちっとも貯まらない。 お金は天下の回りもの!
我が家には回ってきても、滞留することなく、すばやく通り過ぎる
生前父が我が家には貧乏神様が住み着いておられると苦笑していましたが
その神様を背負って嫁入りしてきたらしい。。。
消費税8%になり、家計を考えるのも、鬱陶しくなり、もう家計簿を
つけるのを、やめようと思いました。老人性鬱病の元になるような
気がしてね。 財布の中にたまったレシートをまとめて、屑籠へ
すてましたが、やはり気になり、屑籠からだして、家計簿に挟み
ました。やはりつけないと、野放図に出金してしまうのではないかと。
付けようか、やめようか、暫く家に住み着いた神様と問答をしながら
考えましょう。

huku.jpg
四街道の福星寺のしだれ桜
徳川家康が東金方面に鷹狩りに来た時に福星寺のこの桜の木に
手をかけて、珍しい桜だと云ったとか、お手掛けの木だそうです
我が家の近くの桜並木もこの冷たい雨にも負けずに、美しく
咲き誇っています。
13:53 | 未分類 | comments (6) | trackback (-) | page top↑

川村美術館でお花見

4-1a.jpg

4-1b.jpg

4-1c.jpg

4-1d.jpg

4-1e.jpg

4-1f.jpg
川村美術館でのお花見です

昨日千鳥ヶ淵のお花見で相当歩いたので、今日は足がガクガク、背中が痛い、で
一日寝て曜日の予定が、明日の水曜日はお天気が悪くなるという、
明後日では川村美術館のしだれ桜は散ってしまうと考えて、仕事では無理の
効かない私ですが、遊びでは俄然強くなる体質。 出かけました。
満開のしだれ桜に出会えてすこぶるご満悦!

又同年齢の親しい友人が急に旅立ちました。虚しさに押しつぶされそうになり
外出を決めました。

方丈記より
明日に死に夕べに生るるならい、ただ水の泡にぞ似たりける、不知 生まれ死ぬる人
いづかたより来りていづかたへか去る、又不知 仮の宿り誰が為にか心を悩まし
何によりてか目を喜ばしむるその主とすみかと、無常を争う さまよいゆけば
朝顔の露に異ならず、或は露落ちて花残れり、残るといえども朝日に枯れぬ
或いは花しぼみて露なほ消えず 消えずといえども夕を待つことなし

私のノートに書き写したこの文をしみじみと読み返しています
19:39 | 未分類 | comments (6) | trackback (-) | page top↑