初雪~~(^^♪

ガラス戸を開けてにっこり。。。初雪だそうです。暑い夏は生きているのが嫌になりますが
雪を見ると元気が出ます。今月末に行く予定の京都でも雪に恵まれると、最後の
一人旅になるかもしれない(夫がだいぶよろよろしてきたので、一人留守は無理かもと思い)
京都行きに華を添えてくれます。
hatuyuki.jpg

yh.jpg
先日の焼け跡の竹藪に降る雪

14日のスーパームーン当日は雨であきらめ、翌日15日の写真です
15s.jpg
16s1
16日早朝の月
10:13 | 未分類 | comments (8) | trackback (-) | page top↑

火事と成田山紅葉

金曜日の夜、息子の火事だーの大声に息子の部屋に飛び込んだら
ガラスの向こうが真っ赤になっている。
4mの道を挟んだ竹藪に大きな火の手が上がっていた。
自分では落ち着いて電話をかけたつもりだったが、110番にかけていた
でもはっきりと告げたので、すぐに手配しますとの返事にホッ。
ボンという大きな音とともに、見る間に炎が大きく伸びていく
竹の燃える凄さに圧倒されました。でもコンクリートの我が家は雨戸を
閉めれば燃えることがないので、消防の様子を見学。
放火なら怖いけれど、たばこの吸殻のようで、安心しました
あとで写真を撮らなかったことを後悔。

土曜日の小春日和に成田山の紅葉を見に行きました
紅葉は3分ぐらいでしたが紅葉祭りとかお琴の演奏、お茶席が
設けられてひと時を楽しみました。
七五三で可愛いおちびさんたちに出会いパチリ
菊花展もありました。
nari1.jpg
六段の調べを演奏中
nari2.jpg

nari3.jpg

nari4.jpg
お母さまのお召し物も素晴らしい。。。
15:01 | 未分類 | comments (4) | trackback (-) | page top↑

映画を観てきました

映画を観てきました。92歳のパリジェンヌ

題名だけを見て、シニアのパリジェンヌが優雅な暮らしを

している映画かと思って入りました。でも違っていました。

尊厳死を選んだ女性の凄く重たい映画でした。

フランスの元首相の母の実話から生まれた感動作

92歳というと今の自分より6歳上の人の尊厳死。身近な話です。

メモ帳に自分の出来ていたことを書き、それが出来なく

なったときに一つづつ棒線で消していきます。

そして夜中におねしょをするようになり、尊厳死を

決意します。尊厳死を告げられた時の家族の苦しみ。

尊厳死をしたあとの、家族の苦しみ。

尊厳死を望み、一応自分なりの書類を作って保管している

私、割り切った考えをしていましたが、自分だけでは

済まされない思いを痛切に思い知らされました。

自分が尊厳死を選んで実行したときに、子供たちが、

いずれ老いて人の世話を受ける状態になったときに、

親が尊厳死を選んだがために、自分はもっと生きたいと

思っていても、親と同じように尊厳死を選ばなくては?と

苦しむのではないかと、考えてしまいました。
18:53 | 未分類 | comments (6) | trackback (-) | page top↑