スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

敗戦記念日

今の時代親よりも先に亡くなった子を前にして『おめでとうございます』と言ったなら、親は逆上します。戦時中は悲しみのどん底いるときに『おめでとう』と言われ、『ありがとうございます』と笑顔で応えなければならない、親の時代を思うときに、この人達の大きな犠牲の上で自分達が活かされていることを、考えねばと思っています
戦争はこの地球が無くなるまで、続くでしょう。
核保有の大国が核の放棄を小国に強要しています。その矛盾も肯定されています。権力とはそういうものなのでしょう。
先の大戦でも最高責任は不明です。戦時中の自由に自分の考えを言えない時代に《日本人である前に、人間でありたい》と言われた勇気に私は思いを重ねます。
敢えて終戦と言う曖昧な言葉を私は避けます。

   マッチ擦るつかまの海に霧深し
   身捨つるほどの祖国はありや (故京大生)
09:09 | 未分類 | comments (1) | trackbacks (0) | page top↑
ボタンが出来ました | top | 涼しいけれど蒸しています

コメント

#
マッチ擦るつかの間の・・・
40億年の地球の歴史から考えれば、人類の時代なんて、まさにマッチ擦るつかの間です。
それなのに、地球が無くなるまで戦争は絶えない?地球がなくなる前に、人類が無くなると思いますよ。
by: とうさん | 2005/08/19 22:14 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://shiokei.blog4.fc2.com/tb.php/167-e8bed93c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。