春の陽気に誘われて!

60.jpg

久し振りの暖かな陽気に気分転換にと何時もの散歩コース、花の美術館
へと出かけました。
花の美術館に着いて空を見上げたら、凧が沢山揚がっているので、早速浜辺に行きました。凧揚げ大会らしく沢山の凧持参者がいました。
お日さまの向いている方向に凧が揚がっているので、写真に撮るのが
難しい。風がほとんど無い状態なので、凧揚げも難しい様子でした。
花の美術館は冬枯れ、撮りたい写真材料はほとんどありませんでした。
今日此処へ来たのは、入院中の彼女が、今日お誕生日なので、プレゼントの品物を買いに来たのが、目的なんです。
11日にお見舞いに出かけたときには、ご所望のイチゴを持って
いきました。一番好きな果物と言ってとても美味しいと喜んで食べて
くれて、私達も喜びました。
痛みをとるためにと、常時痛みをとる薬が、身体に入っていくようにと
肩に管が通っています。それ以外にも、2箇所管を通しています。
痛々しい姿を見るのが辛かったです。薬の所為で一日中ウツラウツラと
現実と夢の世界を往復していると、笑っていました。
20分ぐらいで、引き上げましたが、泣くまいと、3人で誓って
行ったのに、三人とも駄目でした。握手と同時に言葉が出ないで
出るのは、涙だけでした。
帰ってからのケイタイメールに、ふと浮かんだ百人一首の「瀬をはやみ
岩にせかるる滝川のわれても末にあわむとぞおもう」の句を書いて
送りましたら、『長らへばまた此比やしのばれん、憂しとみし世ぞ
今は恋しき』との返歌が来ました。又泣きました。
いずれ通る道なれど貴女は早すぎる。。。
19:43 | 未分類 | comments (10) | trackbacks (0) | page top↑
冷たい風が強いです | top | ちょっぴり雪!

コメント

#
花美や凧揚げ大会で英気を養ったのに、お友達のお見舞いでは、悲しい思いをされましたね。百人一首での感慨のやりとり、なんと教養の豊かな人達なのでしょう。私にはとてもそのような素養はありません。
by: とうさん | 2006/01/15 22:48 | URL [編集] | page top↑
#
 前日からブログに何か一言 と思いながら辛すぎてどうしても送れませんでした 切迫した状況もけい様の筆にかかれば平安の都にある気がするのが一抹の 救い です 涙で読ませて頂きました 足腰のまだ立つうちを大事にしたいですネ
by: シャーさんです | 2006/01/16 07:02 | URL [編集] | page top↑
# お見舞い
五年前,胃がんを宣告されて全摘出手術を受けました。
お陰でその後の通院が一ヶ月から三ヶ月,今年から一年おきになりました。
あのとき見舞いに来てくれた親友の手を,別れ際に手放したくなくて・・・。
そのときの私の気持ちを解ってくれた友は,「あのとき,こいつ!手ぇ~離しおらんねん!」…と。
お見舞いって,それほど嬉しいものです。
by: 上州育ちの関西MAN | 2006/01/16 19:15 | URL [編集] | page top↑
# こんばんわ
掲示板へのお出かけありがとうございました。
凧揚げ元気が出るようですがその後のお見舞いの様子身につまされました。お見舞いも事と次第では本当につらいものですね。けいさん、ドウソ元気を出してくださいね。
by: こば | 2006/01/16 20:16 | URL [編集] | page top↑
# 凄いね
青空に泳ぐ 凧ですね
凄いですネ よくこんな高く上がった凧を撮りましたね!!

素晴らしい写真をありがとうございます

雪もかなり解けました・・一ヶ月ぶりに自転車で通勤出来ましたヨ
何時まで続けられのかな??


by: ふじい | 2006/01/16 22:29 | URL [編集] | page top↑
# おはようございます
私も凧揚げ見に出かけたのだけれど
写真はみんなピンボケでした。

ここ数日体調崩して寝ていましたが
最近の掲示板あらしのことを考えると
落ち着いて寝てもいられず無理して起き出して削除をしていて
とうとう我慢の限界で
来ていただいた皆様にレスもしないまま
掲示板変更してしまいました。
どうぞご理解いただいてこれからもよろしくお付き合いください
by: 暎子 | 2006/01/17 08:39 | URL [編集] | page top↑
# おはようございます
けいさん、病院で涙されたお気持ちわかるような気がします。
でも、彼女はお見舞いをどんなに嬉しく思われたことでしょう。
私は今、50歳という若さでご主人を亡くした彼女を励ましています・・と言っても、黙って話をきいてあげることしかできませんが・・・今の彼女の心はガラス細工みたいなんですよ・・。
by: ゆみこ | 2006/01/17 09:11 | URL [編集] | page top↑
# お見舞い、つらいですね…
人の命ははかない、だから今この時を愛しんで悔いのない人生を送らねば、と思います。
最近は健康の有難さを実感します。

一週間前、従弟が亡くなりました。私より一つ下の50歳。
独身なのが幸いだったと親は言ってますが、
病気がちの70代後半の親にとっては頼りにしていた息子の突然死に生きる気力を無くさなければいいけどと心配でした。
伯母は「仕方ない…前向きに生きなければ」と。
人間ってはなかなくもあり逞しくもあるなあ、と思いましたね。

凧が揚がる大空を見上げると元気出てきますね♪
by: yayako | 2006/01/17 12:16 | URL [編集] | page top↑
#
とうさんさま
ウフフ!私も彼女も昔百人一首でお正月を過ごした年配者なので、自分で作句できないので、利用しているだけなんです。
しゃーさんさま
お互いに難病にはかかりたくないですね。心がけで何とかなるものではありません。
関西マンさま
ガンにかかられたのですね。お見舞い申し上げます。最近はガンは怖くない病気なんて記事を見ましたが、どうして、どうして、凄く怖い病気と改めて思い知りました。お大事にして、長生きしてくださいね。
こばさま
私ぐらいの歳になりますと、多病息災で病気と仲良く暮らしていくしかないですね、病気の合間を縫って遊びます。
by: けいです | 2006/01/17 19:32 | URL [編集] | page top↑
#
ふじいさま
日本の中心も今年は雪が多かったでしょうか?その分夏が涼しいといいのにね。凍った道の自転車気をつけてくださいねー
映子さま
掲示板荒し、多いようですね、困ったものです。幸いに私のBBSは小さい所為でしょうね、いたずらからは、まぬかれました。でも体調があまり良くないので、閉めました、一寸淋しいです。
ゆみこさま
年齢順なら、悲しいけれど、諦めもつきますが、自分よりもお若い方が先に行くなんて、理不尽な思いです
それに治療方法はもうありません!なんて宣告残酷ですよね。
yayakoさま
世の中の悲しみと、辛さの頂点は我が子に先立たれる事ではないでしょうか。年老いて我が子が先になんて考えるだけでも恐ろしいです。
by: けいです | 2006/01/17 19:47 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://shiokei.blog4.fc2.com/tb.php/226-d237782d