スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

お鍋を焦がしてしまった。

73c.jpg

隣の竹やぶに咲くウワズミサクラ、桜の品種としては珍しい方だそうです
P1014087.jpg

庭に咲いた、たった1輪のツルバラ。

転んだ昨日の後遺症は意外と軽く済みホットしました。転ぶのも老化現象、そして今日はトロ火で煮込んでいるのを、すっかり忘れて、焦げる匂いでハット気づき、お台所へ飛んでいきましたら、哀れ一番大切なお鍋が焦げていました。怖いですねー!二日続きのボケ。。。

 あるとき老化は劃然とするのである 中里恒子 肝に銘じて。

5月の今頃を小満という。全てのもが次第に成長し
天地に満ち始める時節という意味を持つ。
この頃少し強く吹く風を青嵐と呼びます
古代、色は赤、黒、白、青の4つの区別しか
ありませんでした。緑は青の中に含まれます
生命がいきいきとみなぎっている。。。
そんな感覚を目で、色で、肌で確認できるのが
この季節。 
山下景子の 美しい暦の言葉より抜粋。
18:33 | 未分類 | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑
谷津バラ園 | top | 転びました!

コメント

#
ウワズミサクラ植物園で見てきました。
名札が付いていたのでウワズミサクラって判りました。
名札がなかったらウツギと思ったかもしれない(苦笑)
私もお鍋焦がすの得意です。
by: 暎子 | 2006/05/23 20:51 | URL [編集] | page top↑
#
老化は、あるとき確然(画然?)とやってくるのでしょうね。私などはもうとっくにやってきています。
ポットからお湯をだした時、お湯の量が少ないなあ、水を足しておこうと思っても、お湯を飲んでいるうちに忘れてしまって、何時間もポットのふたを開けっ放しにするのがしょっちゅうです。
by: とうさん | 2006/05/23 22:29 | URL [編集] | page top↑
#
怪我が軽くて(怪我というほどの事もなさそうですね。)
本当にホッとしました。良かったです。
緑化植物園のバラはもう終わりに近いです。
散った花びらが地面にきれいでした。
お鍋の焦がしコンテストがあれば
優勝の自信あります。
by: めぐんです | 2006/05/24 09:05 | URL [編集] | page top↑
#
映子さま
ウワミズ?ウワズミ?どちらの名前でしたっけ?葉は桜の形をしていますね。高い所に咲いているので、大きく撮れません。
とうさんさま
我が家では、私よりも上手の老化現象を示す先輩がいますので、いずれ私もたどる道と眺めています。うふふ。
めぐんちゃん
私割りとお鍋を焦がす事は少ない方なんです。元がドケチな性格なので、痛まないように、気をつけています。今回はひどくて、新品に替えるようになるでしょう、お鍋も高いのよね。
by: けいです | 2006/05/25 06:04 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://shiokei.blog4.fc2.com/tb.php/279-eca51b7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。