明治神宮七五三

1.jpg

2.jpg

3.jpg

京都から体調崩して帰り,未だ回復はしていないけれど、お天気が
いいので、明治神宮まで、お宮参りの写真を撮りに出かけました。
女の子が多いと考えていましたら、男の子の方が圧倒的に多かったです
ほとんどの男の子が和服姿に驚きました。今年は和服ブームなんでしょうか。付き添いの家族も賑やかなのは、現代の世相を映していますね
ここには双子ちゃんの写真を載せました。下の写真は外国の方の七五三
姿です。結構外国人もお宮参りにきていましたね。
子供が幸せな姿を見るのは、嬉しいものです。虐待を受けている子供さんがいるなんて、信じられぬ思いです。特に十ヶ月お腹のなかで育んで痛い思いをして生んだ我が子を虐待するなんて、想像もできません
総ての子供たちが健やかに育つ環境が欲しいですね。
私には悲しい七五三の思い出があるのです。10月末の予定日が過ぎて、11月15日になっても、陣痛が来ないので、近所の神社に七五三を見に出かけました。その晩痛みがきて、入院をしたのですが、死産でした。女の子でした。でも顔も見ることもなく、お骨になり、しばらくは悲しみと、悔しさでうつ病になりました。周囲の人達は私の事を考えて、麻酔で眠っているうちに、お骨にしたようですが、せめて抱いてやりたかったと今でも考えると、涙がでます。美しい赤ちゃんだったと、慰められれば、余計に悔し涙が出てきます。今生きていれば49歳になります。同じ病院で友人も同じ日に男子を産みました。元気でいます
19:57 | 未分類 | comments (3) | trackbacks (0) | page top↑
素敵なお母さまたち | top | すいません

コメント

#
うっちゃん、
私達にも初めての子が、家内が妊娠腎に7ヶ月で、母体を
助けるには帝王切開で子を取り出すしか無い!!!
麻酔すると危険との事で、正に切腹・・・私も立会い苦痛の家内を励ましての時間凄く長く感じました。女児誕生
しかし40時間足らずでなくなりました、目鼻立ちのいい子でした、生きていれば51歳・・・・その後に出来た子も正常分娩でしたが新生児黄疸で3日死亡男の子ででした。
人生に楽しさに隠れた悲しさがあるもんですね・・・・・
by: やまちゃん、 | 2006/11/15 20:38 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは~

本当に人生いろいろですが、そんな、悲しい思いをされたんですね~
慰められれば尚悲しくなります。
子供達にとって住みやすい世の中にならないとね~
私みたいなちっぽけな人間は何にも出来ないけど、(苦笑)

体を壊されてるのに、出歩いて良いですか?
でも、気分転換も必要ですけどね(笑)
by: ikuko | 2006/11/16 12:54 | URL [編集] | page top↑
#
やまちゃんさま
みなさんいろいろと悲しいこと、辛いこと持っているのですね。私も長男を出産するときは、子供優先で麻酔なしの
切腹でした。ゾ-ッとする経験ですが、大事に育てて、モヤシのような息子に育っています。うふふ。親の私も落第母ですので、丁度釣り合いがとれています。

ikukoさま
疲れたー!を連発しながら、遊び呆けています。梁塵秘抄と同じ、遊びやせんと生まれけん、そのうち放り出されるかもね。

by: けいです | 2006/11/16 18:32 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://shiokei.blog4.fc2.com/tb.php/309-1c1875ab