花美術館

hana.jpg


花美術館のカードが今週で期限がきれるので、出かけました。
池の前のバラが満開で綺麗でした。
館内で珍しい花を見ました。レインボーローズマリー 
オランダから輸入された虹色のバラ、花びらの1枚1枚が色が
違っています。葉脈の一つ一つに違った色を吸い上げて
作ったそうです。その技術力は凄いそうですが、見た目は
あまり美しくないですねー 花も改良が盛んで、元の花は何?
判らなくなりますね。

老人ホームの人たちが見学に来ていました、そこでの会話に
ふと違和感を覚えました。 たぶん認知症のご老人だとは
思いますが、介護の人が話しかけているのが、子供に話すような
語りかけなんです。認知症があっても、理解力は大人だと聞いて
います。子供に話すような言葉でなくて、大人に話しかける言葉を
用いたほうが、嬉しいのではと思うのです。自分の状態が判って
いるだけに、不快に思っても抗議は言い難い立場ですから
言えませんね。
生前父が90歳の時に胃痛で病院へ行きました。そこで
看護婦さんに「おじいちゃん!診察台に寝てね」と言われて父は
「失礼な!ちゃんと名前を言いなさい」と怒って診察を受けずに
帰りました。後で先生と看護婦さんが謝りにきたそうですが、
それ以来病院へは行きませんでした。94歳で旅行から帰ってきて
突然具合が悪くなり、救急車を呼びましたが、普段病院にかかって
いないので、すぐに引き受けてくれる病院がなくて困りました。
健康でかかりつけの病院がないのも、いざという時には困りますね
旅行で遊んで、4日後に彼岸へと旅立った父は幸せです。

言葉遣いはデリケートです。心して使いたいと考えています.
20:53 | 未分類 | comments (3) | trackbacks (0) | page top↑
花の美術館2 | top | 谷津バラ園

コメント

#
虹色のバラ、初めて見ました。いろいろ改良されて種類も多岐にわたり、私ごとき者にはわからなくなる一方です。
「人は言葉」と言われます。言葉使いには気をつけたいものです。
by: とうさん | 2008/05/21 22:13 | URL [編集] | page top↑
#
レインボーローズマリー、花びら色が違うという
珍しい花ですね。
実物を見てみたい気もします。
認知症の人への話し方、確かにそうですね。
子供の扱いが親切だと思って対処しているのでしょうが
受ける方の気持ちは・・・・?ですね。
お父様の凛としたお話、けいさんんとダブります。
お父様似ですね?
by: めぐんです | 2008/05/24 17:56 | URL [編集] | page top↑
#
とうさんさま
色々と珍しいものを作らないと商売にならないのでしょうが
見る側ではもうこのへんで!との思いが強いですね。

めぐんちゃん
貴女もお仕事頑張っていますねー 負けず嫌いの貴女の
片鱗を見る思いです。負けず嫌いは良いことよ。。。
私と同じかな?それ以上?うふふ。
by: けいです | 2008/05/25 18:45 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://shiokei.blog4.fc2.com/tb.php/481-6733d04f