暑い日に。

pon8-16.jpg

asagao8-16.jpg
写真材料不足につき手持ちの古い写真で遊びました

暑い日が続き外出ができなくて家の中をウロウロするばかりの毎日
パソコンに保存してある写真を眺めてみましたら、毎年7月8月の
写真がありません。母が生存中”外出好きの貴女でも流石に夏は
家におとなしくいるのね、と笑われていたことを思い浮かべました
昔は暑いときは極端に食べ物がとれずに、体重が30数キロにまで
落ちていました。今は食事のときは、ガンガンに冷房を強くしている
ので、食欲は落ちません。体重は変わらずです。

日曜日のテレビで細川護煕さんのお庭拝見があり見ていました。
その時のお話で牡丹の木は燃やすと、良い香りがするのですと
言ってお客様に牡丹の木の焚火でさつま芋を焼き、お茶席で
召し上がっていました。焼き芋も趣味の達人の手によると
優雅なおもてなしになるのですねー。
我が家の芍薬やシャクナゲ、バラの木を焼いてみたら、どんな
香りがするのか実行してみたくなりました。

細川さんのことばを旅するという本を読みました。悠々自適とは
こういう生活なのだと、感じ入り自分の生活に似合った、自分流の
優雅な生活とはどのようなことか、考えるのも楽しいかな?と。

細川さんの対談のお相手が法政大学の田中優子さん、田中優子さんは
江戸時代の生活を調べていくつかの本を出しているとのこと、早速
江戸百夢を注文しました。楽しみに待っています。西鶴の日本永代蔵も
面白く読みましたっけ。
19:57 | 未分類 | comments (2) | trackback (-) | page top↑
PCの故障かな? | top | タイトルなし

コメント

# 細川さん
見ました

吉野太夫さん 武蔵さんをもてなした時に
牡丹の木を燃やし 云々でしたね

腹七分目のお食事
お庭のお掃除 等々
そうそう 焼き芋も 細川さんの手になると
ご馳走になる これも不思議でした

田中優子さんの江戸百夢 そこまで見なかった
読みたいわ。。

ぼんちゃん ボンですか なんと申したらよろしいやら
by: tonko | 2011/08/17 11:04 | URL [編集] | page top↑
#
tonkoさま
今日 江戸百夢 届きました。開いてヒヤーッ
驚きました。凄い小文字、文庫本のより小さい字で
行間もビッシリ詰まっています。田中さんも結構な
お年なのに、なんでこんなに小さい字で、詰まっているの?シニアは読まないと思っているのかしら?
拡大鏡がないと、読めませんねー 読破するのに
時間がかかりそう。。。同じ江戸文学の杉浦日向子さんの本も面白いですね。
by: けい | 2011/08/18 20:13 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する