映画を観てきました

映画を観てきました。92歳のパリジェンヌ

題名だけを見て、シニアのパリジェンヌが優雅な暮らしを

している映画かと思って入りました。でも違っていました。

尊厳死を選んだ女性の凄く重たい映画でした。

フランスの元首相の母の実話から生まれた感動作

92歳というと今の自分より6歳上の人の尊厳死。身近な話です。

メモ帳に自分の出来ていたことを書き、それが出来なく

なったときに一つづつ棒線で消していきます。

そして夜中におねしょをするようになり、尊厳死を

決意します。尊厳死を告げられた時の家族の苦しみ。

尊厳死をしたあとの、家族の苦しみ。

尊厳死を望み、一応自分なりの書類を作って保管している

私、割り切った考えをしていましたが、自分だけでは

済まされない思いを痛切に思い知らされました。

自分が尊厳死を選んで実行したときに、子供たちが、

いずれ老いて人の世話を受ける状態になったときに、

親が尊厳死を選んだがために、自分はもっと生きたいと

思っていても、親と同じように尊厳死を選ばなくては?と

苦しむのではないかと、考えてしまいました。
18:53 | 未分類 | comments (6) | trackback (-) | page top↑
火事と成田山紅葉 | top | 千葉動物園にて

コメント

#
尊厳死、難しい問題ですね。
けいさんは自分なりの書類を作って保管されているのですか。私は「エンディングノート」を貰ってきましたが
殆ど何も書けずにいます。
近々、銀行の遺言信託について相談に行くつもりですが、遺言自体が難しいです。
by: とうさん | 2016/11/02 22:22 | URL [編集] | page top↑
#
難しい問題です!私も最近いろいろ考えています、断舎利を考えて部屋を見回してみたり・・・
なかなか実行までに行きませんが!
by: よし | 2016/11/05 08:07 | URL [編集] | page top↑
#
とうさんさま
私の書類
1 心臓蘇生(心臓マッサージ、電気ショック、

  気管内挿管など)

2 気管切開

3 人工呼吸器

4 強制人工栄養(鼻チューブ栄養。胃瘻による栄養)

5 水分の補給(末梢静脈輸液、大量皮下注射)

6 人工透析

7 輸血

8 強力な抗生物質の使用

   上記の事、禁止

 以上の文章は尊厳死協会の文章によります

これ以外に私的な事を加えて日時、署名 拇印しました
印鑑よりも確実と考えて。

この書類を常時使用する財布の中と、日記帳、書類
カバンに入れています。

 夫。息子には見せています。我が家は子供は一人なので 遺産争いはおきませんが、遺産がないのが
かなしい。。。ね。ウフフ
by: | 2016/11/05 17:52 | URL [編集] | page top↑
#
よしさま
私ね70、75、80さいと5年ごとに整理して
きました。断捨離などと大げさに考えずに
掃除しやすいようにと考えてです。
着物は安物はごみとしてだし、いいものは
室内着、ベットカバー、座布団など暇にあかせて
作り直しして、問題は本ですね~~
写真は整理してパソコンにいれて、残りはごみに。
問題は亭主の荷物、なんでも保存したがる人で
納戸、自分の部屋はごみ屋敷。困ったものです。
by: | 2016/11/05 18:01 | URL [編集] | page top↑
#
姑が今まさに生かされている状態です。
会いに行っても反応は殆どなく
少しどこかが動いた事で解ってもらえたと
勝手に思っています。

一度は思いとどまった延命治療を
すぐ傍で見ている弟は迷ったあげく
お願いしました。
面倒を見ている人は簡単には思いきれない物が有り
悩みます。
親子の血、優しさが勝つのでしょう。
結果的にそれが姑にはどうだったのか
今又考えているようです。

私は延命治療はしないでと
子供達には言ってあります。
by: めぐんです | 2016/11/10 14:35 | URL [編集] | page top↑
#
めぐんちゃん
自分の意志がはっきりしていても、家族の意向の方が
強いと仕方なく受け入れるしかありませんね
ppkを祈るしかありません。
by: | 2016/11/13 15:05 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する