スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

友人と。。。

新年になって二度目の外出です。今、司馬遼太郎の街道をゆく、の本郷界隈を
読んでいます。この本の中で行きたい場所が沢山出てきて、わくわくしてしながら
読んでいます。今年も一か所でも多く歩けたら嬉しいなーと思っています。
今年最初に出かけたのは、日本橋から京橋ー銀座ー新橋とお店を覗きながら
の散歩をしました。
昨日は(19日)友人と両国をお食事、おしゃべり、散歩を楽しみました
1-19a.jpg
両国の駅前にのぼりが賑やかに並んでいて、今取組中の国技館を思い出しました
お相撲は見ないので忘れていました。

1-19b.jpg
タクシーを降りて国技館に入る関取を沢山のフアンが待っています。お名前は
知りません。

1-19c.jpg
吉良邸の前です。雪の日にここから泉岳寺まで歩いたのですねー
日比谷の近くに浅野内匠頭が切腹したお屋敷跡がありますが、その近くで
切腹最中を売っていたのを思い出しました。吉良邸の近くでもそれらしき
お菓子を売っていました。
1-19d.jpg
鼠小僧のお墓です、このお墓の石を砕いて持つとお金が溜まるというお話で
みなさん手前にある石を削っていました。友人がお賽銭を上げようとしてお財布を
お食事した場所のトイレに置き忘れたのを思い出し、電話をしたところ、預かり中と
言われてホットしてやはり鼠小僧のご利益があったと喜びました。
私2度お賽銭をあげましたが、ご利益がありませんでしたので、今回はお賽銭を
入れただけで、石は持ち帰りませんでした。今年はお財布に注意しょう。。。
15:06 | 未分類 | comments (6) | trackback (-) | page top↑
風邪をひきました 1 | top | 新年おめでとうございます

コメント

#
「司馬遼太郎の街道をゆく」はあいにくまだ読んでいませんが、彼の足跡をなぞって歩くのも一興ですね。
それにしても足が丈夫でなくては出来ないこと、羨ましいです。
by: とうさん | 2017/01/20 23:00 | URL [編集] | page top↑
#
以前主人が元気だったころ吉良邸に行ったことが有ります。けいさん、多方面にお出かけ羨ましいです。
お写真楽しみにしていますよ・・・
by: よし | 2017/01/21 09:28 | URL [編集] | page top↑
#
今年も宜しく!

たくさん歩きましたね~
街を楽しみながらのお散歩は
ついつい足を延ばして疲れも忘れますが
翌日は大丈夫でしたか?
けいさんの歩いた両国ですが
ちょうど、1週間前に私も歩きました。
駅舎傍の建物内でお食事したんですが
土俵も設えて素敵になってますよネ
私と旦那さんが両国を歩いた目的は
1年前に購入したお墓の件でした
と言えば、どこだか想像できますよネ
子供に負担かけないように早めに(笑)
by: kana | 2017/01/25 10:10 | URL [編集] | page top↑
#
とうさんさま
私の取柄は足だけ。足が動かなくなったらどうしましょう
パソコンもあまり開くなくなりました。読書熱だけはまだ
あるのですが、読みすぎてこの2,3日目が痛くて
本もpcもtvも諦めています。使える臓器がどんどん
減ってきていますね~~!
by: けい | 2017/01/31 09:25 | URL [編集] | page top↑
#
よしさま
写真ねー 最近重たいものが苦痛になり、カメラを
持って歩かなくなりました。
スマホだけなのでついつい写真は撮らずに歩いています
写真を撮らないと、結構真剣に見るのでそれもいいかな?
なんてただのものぐさですよね。
今年は池上梅林行ってみようかしら。
そのときにお会いできたら嬉しい。
by: けい | 2017/01/31 09:31 | URL [編集] | page top↑
#
kanaさま
両国にネットで知り合ったお友達がいてよく歩きましたが最近ご無沙汰しています。私のものぐさで。
両国駅の土俵のあるところ、混んでいて複数の
人だと場所が取れません。
ホテルを予約していきます。
お墓、我が家は長男なので、檀家寺にあるのですが
檀家寺は毎年費用がかさみうんざりです。
死んだ後も厄介ですね~~
by: けい | 2017/01/31 09:38 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。